指輪のリメイクは不用なゴールドやプラチナを溶解して作ります

指輪のリメイクは不用なゴールドやプラチナを溶解して作ります 不用なゴールドやプラチナを溶解することで指輪のリメイクをすることが可能です。
古いゴールドなどの指輪であっても、ゴールドはゴールド、プラチナはプラチナです。
指輪を使用することでついた傷があっても問題ありません。
宝石が付いている場合には、溶かす前に外してから溶かします。
プラチナなど金属を溶かす際、減りという現象が起こり総重量の1~2割程度が減ってしまいますが、減った分は別途代金はかかりますが新しく金属を足することもできます。
セミオーダーというすでにデザインや形などが出来上がっている枠を使用する方法が一般的に利用されることは多いですが、不用になったゴールドなどの金属を溶かして指輪をリメイクするのはフルオーダーとなります。
加工料はセミオーダーよりは高くなりますが、料金の多くを占めるプラチナなど金属部分は、自分で用意することができるので、デザインや加工費用はセミオーダーよりも安くなる傾向にあるので検討すると良いです。

指輪のリメイクでは不用なリングのルースも活用しよう

指輪のリメイクでは不用なリングのルースも活用しよう 指輪のリメイクは、もともと使用しているルースを外して行う場合があります。
例えば祖母や母から受け継いだ指輪もデザインが気に入らないが、ルースは使用したい時にこのサービスを活用する方法が可能です。
石の留め方を変えたり、ほかの宝石を加える事でイメージがわかります。
宝石店で木尾のサービスを行っている可能性があり、使用していない指輪を持参し相談すると良いです。
指輪加工しなおす以外に、ペンダントやピアスやイヤリングにする事が可能になります。
デザイン画を描いてもらい、予算と納期を確認するのがポイントです。
このサービスは行っている店舗と行っていない天日尾があるのでサイトで確認します。
石を足す場合や、地金が多く必要な場合はその分の費用が加算されるのが特徴です。
サイズがあわなくなったり、自分の好みでないものを活用するサービスとして人気があるのが特徴です。
あまり使用しないエンゲージリングを使いやすいデザインにする方もいます。

新着情報

◎2023/10/4

情報を更新しました。
>指輪リメイクの場合は作業前に金額提示されることが一般的
>デザインの古いカラーストーンの指輪はリメイクしよう
>指輪のリメイクには金属の純度も関係することがある
>指輪をリメイクする際のカウンセリングの重要性
>指輪のリメイク費用にはデザイン料も含まれている

◎2022/12/8

情報を追加しました。


>指輪のリメイクが人気になっているのです!
>古い指輪やネックレスはリメイクで活用しよう
>指輪のリメイクにはいくらほどかかるものなのか
>指輪のリメイクは信頼できるジェリー店を選ぶ
>指輪をリメイクしてくれる工房の選び方とは

◎2022/2/3

情報を追加しました。


>指輪のリメイクの技法には石を追加する方法も利用可能です
>眠っているお気に入りだった指輪、リメイクしてもう一度使いませんか
>指輪を業者にリメイク依頼する場合のチェックポイント
>指輪のリメイクをする前にまず清掃してみよう
>指輪のリメイクを期待するなら店舗の技能面を見よう

◎2021/8/11

サイト公開しました